上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






遅ればせながら、出産したときのことを書いておこう。
無痛分娩だったので、前日の8/31から入院。

無痛分娩といっても、あたしのは硬膜外麻酔法ではなく、少しづつ麻酔を入れていく方法だったので、人によっては効かなくて、無痛と言うより和痛だと思っておいた方がいいと言われていた。

当日の朝までのことは病院から携帯で書き込みしていたから、その後の事を・・・
朝7時のカ○チョーのあと、9時に呼ばれて先生の検診。
実はこの時カーテンの向こう側で先生が看護婦さんにこう言っていた。

「あれー、子宮口が8cm開いてるね。」

『はぁ???』と思ったんだけど、まったく陣痛っぽいのはないし、一体いつ痛みがやってくるんだろうってドキドキしていたのに全く痛くならない。
とりあえず一旦病室に戻り横になって休む。
で、11時頃に看護婦さんが呼びに来た。

「そろそろ分娩台に行こうか。」

でも・・・全然痛くない。
なので、普通に歩いて分娩台へ。
点滴を打たれながら分娩台に横になる。
多分陣痛促進剤も打たれたんじゃないかと思うんだけど、その頃には麻酔が効いてきて、なんとなく意識がもうろうとしてきているのでやっぱり痛みは全く感じなかった。

そんなもうろうとしている中で、破水した音が聞こえ、「はいっ!いきんでー!」「お腹じゃなくてお尻の方でいきんでー!」のかけ声が。
お腹じゃなくてお尻の方でいきむって一体どうやれば・・・って困惑したけれど、なんとなくやったらうまくいったようで、そのうち「頭がでてきてるよー!がんばってー!」と声をかけられた。

・・・で覚えているのはここまで。
実は湊がオギャーと泣いて産まれた瞬間、あたしの意識は落ちていた・・・
全く一つも痛みを感じなかったお産だったけど、一つ悔しいのはそこ。
で、結局一番最初に湊を抱き上げたのはオットだった。

あたしが次に目覚めたのは夕方の6時。湊が産まれたのが午後2時11分だから、相当眠っていたことになる。
すぐに看護婦さんが湊を連れてきてくれて、初対面。
なんか本当にこの子がお腹にいたのかって思うと感動したぁ。

後で聞いた話なんだけど、あたしはかなり微弱陣痛だったらしく、普通分娩だったら結構大変だったらしい。でも結果的には全く痛くないお産で、体力の回復も早かった。
このお産で一番痛かったのは抜糸かなぁ。。。
こんなに楽なら二人目も楽勝だと思っているけど、産まれる瞬間に意識がないっていうのがね~(^_^;
看護婦さんには「二人目の方がお産も楽だから、その時に自然分娩にしたら?」と言われたけど、硬膜外麻酔法ならちゃんと意識があるっていうから、次はそっちの無痛分娩にしてみようかなぁ。

“やっぱり痛みはないにこしたことはない!”

これが出産した後に思ったこと。
お腹を痛めなくてもかわいいもんはかわいいんだと実感しました。(笑)
スポンサーサイト







なんの痛みもなく8cmも開いていたなんてビックリだね!
最後に意識が飛んじゃってたのは残念でしたね。よっぽど麻酔の効きがよかったんだね、きっと。

無痛分娩は全部硬膜外麻酔だと思ってましたけど、点滴の全身麻酔の方法もあるんですね。痛みが全くなかったのは羨ましいけど、意識がなくなるのは…やっぱり考えちゃうなぁ(^_^;)
ちなみに、私が産んだ産院では硬膜外麻酔みたいです。腰に打つなんて痛そう(´Д`)
【2006/09/23 05:07】 URL | てんき #-[ 編集]
そうそう。やっぱり最後に記憶がないってのはちょっと寂しかったよ。(笑)
でも目覚めて初めて抱いた時は感動したけどねー。
産まれた瞬間はもっと感動するのかなぁ~・・・。

硬膜外麻酔は確かに痛そうだよね。
でも痛みがなくて、ちゃんと記憶もしっかりしてるみたいなので魅力的だけど。。。
【2006/10/09 23:05】 URL | mico #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 タイムカプセル, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。